JAPANESE RADISH〜春大根の種まき (10月27日)

大根の種まきをするときには、土はさらさらに良く耕しておき小石などの固形物は必ず取り除いておきます。大根は土の中に深く伸びるので、成長のじゃまにならないように!

一箇所に4粒〜5粒ずつ、まきます。
覆土して発芽するまで5〜6日かかります。

1つづつ丁寧に種を蒔く小笹長造の図。
もう11月の寒いなか、半袖&裸足でがんばります。

発芽したら間引きをします。せっかく出てきた芽を抜くのだから、美味しくて丈夫な大根が育って欲しい!と心に願いながら・・・
間引きの時に大根が曲がらないで成長するように土寄せをします。
本葉4・5枚になったら、1箇所につき1本立ちにします。
すっきりとした畑は気持がいい!


→春大根収穫の作業はこちらから

〒525-0061 滋賀県草津市北山田町2556-3 小笹農園