サブソイラで土宙を育てます。(12月半ば〜)

小笹農園にとって大事なたんぼの冬作業サブソイラ耕。
サブソイラという機械で地中40センチ〜50センチの切れ目を入れて、
土を新鮮に蘇らせます。

@サブソイラをトラクタにつけて土を耕す。
田んぼの環境に合わせてサブソイラにはいろんな材質や型があります。
A深くまで土に切れ目をいれます。
Bふんわりと中まで柔らかくなる土。
切れ目を入れることで地中の土も空気と有機物をたっぷり含んで、根が養分を吸収しやすい状態にします。台風や強風にも根が頑丈にはっているので倒れにくくなります。
正面から見下ろした1ショット。
機械の構造はシンプルですが、田んぼによって細かい調整をするには技術がいるのだ・・・
◎サブソイラ耕は良質の作物を作るのにかかせない大事な冬の作業
私たちは、日頃、土から多くの恵を受けています。
土への感謝の思いをこめて丹念に耕します。

土へのこだわりは小笹農園のポリシーでもあります。
くわしくは土のこだわりをご覧ください。


〒525-0061 滋賀県草津市北山田町2556-3 小笹農園